アスレチッ苦 ~正直なめてました~

珍しく予定のない日曜日。
先週末に熱を出していた息子もすっかり元気になりました。

元気になった早々、「暇だ、暇だ」と大騒ぎ。
こうなったら家にいるよりは外出した方が、こちらも楽なので、アスレチックに行くことにしました。

車で山道を走ること数十分。
ひんやりとした杉林を抜けると、アスレチックの入り口がありました。

受付で説明を受けます。
「魚釣りもできますが、今は寒いので釣れません」 「ふむふむ」
「バーベキューもできますが、今は寒いのでする人はいません」 「ふむふむ」
「ゴルフもできま・・・」 以下略

で、他の遊びはできない季節なのでアスレチックは大賑わいです。
赤ちゃんを背負った人や、3歳ぐらいの幼児の姿もチラホラ見えます。

障害は全部で40近く。
とはいえ、あんな小さな子まで行けるんだもの・・・と進み始めて10分。

完全にアスレチックなめてました。
障害が大変なんじゃなんです。
障害と障害の間の山道のキツイことといったら、もぉ。

久々に、20年ぶりくらいに使った筋肉と関節がありましたね。
日常生活では全く使ってないヤツラが悲鳴をあげていましたよ。
ゲームで言うならHPの減りの早いこと早いこと。

子供は疲れ知らずで、身長も歩幅も私よりはるかに短いのに、グイグイ上って行きますからね。
こちらは、仕方なくついて上るのみです。

横に通っているエスケープ用の帰り道をチラチラ見ましたけど、子供の手前、あきらめるわけにはいきません。
後続の見ず知らずの家族に勝手にライバル心を抱き、「余裕だしっ」て顔をして歩くわけです。

で、障害の途中で携帯を落とし、ライバル家族(勝手に)に拾ってもらい。
そんなこんなで、すっかり仲良くなり一緒にフィニッシュ!!

アスレチックをなめてかかってた私には、かなーりキツイ山道でしたが、今日はとても気持ちよく眠れそうです。

Comments are closed.